脂肪でお腹周りが浮き輪状態になってしまった場合、何とかして落としたいとものですよね。

しかも会社の健康診断で「内臓脂肪が多い」と言われてしまうと、余計に焦ってしまいます。

しかし普段私たちが会話をする時には「皮下脂肪が多いから」などと自虐ネタを言ったりしますが、内臓脂肪が話題になることはあまりないですよね。

内臓脂肪と皮下脂肪はどこが違うのでしょうか。

そしてお腹周りをダイエットしたいと思ったら、内臓脂肪と皮下脂肪のどちらを落すべきなのでしょうか。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

脂肪は皮膚の下に付くだけではありません。

実はに内臓の周囲や腸など、身体の奥の方にも付くものなのです。

「内臓脂肪」は、身体の表面に付くのではなく、全く目に見えない部分に付くので、直接体型に現れにくくなります。

特徴としては、血管を硬化させて高血圧や糖尿病、心臓病などあらゆる生活習慣病の原因になることと、女性ホルモンの「エストロゲン」により分解され易いので、女性よりも男性の方が付き合い、という点です。

これに対して「皮下脂肪」とは、皮膚の下の組織に付く脂肪です。

特徴としては自分の指でつまめて、余程の量でない限りは身体に悪影響を与えるものではありません。

皮下脂肪は外見にすぐに表れるので、お腹周りでたぷたぷとしているのは皮下脂肪です。

女性は妊娠すると身体を守る為に身体に脂肪が付き易くなります、その為に皮下脂肪は女性の方が付き易いのです。

どちらが落とし易いのか

内臓脂肪は見た目では分からず、「隠れ肥満」と言われ痩せていても脂肪値が高いことがあります。

もちろん見た目が太っていて更に内臓脂肪が付いていることもありますが、痩せているから脂肪が少なくて健康、という訳ではないのです。

内臓脂肪は付き易い反面、分解され易いので落とし易くなります。

皮下脂肪は内臓脂肪とは違い、時間をかけて皮膚の下に蓄積されていくので、落とすにもかなりの時間と根気が必要です。

皮下脂肪が落ちればすぐに体型に現れますので、スタイルを気にする女性はとにかく皮下脂肪を何とかしたいと思うのです。

内臓脂肪も皮下脂肪も、どちらも解消方法に大きな違いはありません。

そしてどちらがより「早く落ちるか」というと、それは内臓脂肪の方です。

但し、どちらを「落とすべきか」という質問の場合、目的により答えが変わってきます。

会社の健康診断で「メタボ」と言われた場合、内臓脂肪を落とすべきです。

メタボはお腹周りのサイズだけではなく、「高血圧・高血糖・代謝異常」のうちの2つに該当する場合をいいます。

落さないと生活習慣病のリスクが高くなるので、優先順位も高くなります。

そして、健康診断で特に問題がなく、とにかくダイエットをしたい、スタイルを良くしたいと思っているのならば、皮下脂肪を落とすことを考えましょう。

内臓脂肪の落とし方

内臓脂肪が付いていしまう原因として、過食と運動不足が挙げられます。

毎日残業が多く、仕事が終わった深夜に脂っこい食事をしている様な人に内臓脂肪が多く見られます。

忙しくて運動する時間がないと筋力が低下して、基礎代謝が悪くなり、内臓脂肪が蓄積されるのです。

一度に多くの量を食べると代謝が間に合わなくなりますので、3食に量を分けて食べるか、食事の回数を増やした方が良いでしょう。

炭水化物を減らすことで内臓脂肪をエネルギーとして燃焼し易くなりますので、主食を少なめにしてたんぱく質を多めに摂る様にしましょう。

内臓脂肪を減らす運動は、激しい筋トレではなくウォーキングや水泳などの有酸素運動が効果的です。

通勤の際に駅まで自転車を利用したり、階段を昇降するなどちょっとした努力を毎日続けるのがコツです。

皮下脂肪の落とし方

内臓脂肪に比べて、皮下脂肪は燃焼されにくく、落とすのにはかなりの努力が必要です。

皮下脂肪を落す為に最も大切なのは、身体の基礎代謝をアップさえて脂肪を燃焼させることです。

人は寝ていても、呼吸をしているだけでエネルギーを消費します。

これを基礎代謝と言い、代謝が大きい程脂肪を燃焼させることができます。

脂肪を燃焼させるには筋肉が運動することが必要で、筋力が多い人ほどよりエネルギーを消費することができるます。

ま皮下脂肪を落とす為には、運動の中でも「筋トレ」が必要になります。

まずは筋トレをして筋肉を付けてから、内臓脂肪と同様有酸素運動をすれば、脂肪が分解され易くなるのです。

皮下脂肪はマッサージをして揉みほぐすことも効果的です。

温めることでより柔らかくなりほぐれ易くなりますので、お風呂に入って身体が温まった時にマッサージをしましょう。

基本的なことですが、皮下脂肪を落そうと思ったら食生活を見直すことも大切です。

大体皮下脂肪が落ちる頃には内臓脂肪も落ちていることが多く、より理想に近くなれることでしょう。

お腹周りに付いた浮き輪状の脂肪は、ダイエットをしても簡単に落とすことはできません。

毎日の積み重ねで無理をせずに、少しずつ落としていく様にしましょう。