脂肪を落としたいと思った時、真っ先にしたいところとして、お腹があります。

お腹は、便秘をしている時には、特にぼっこりと出ていることが多く、さらに膨らんで見えてしまいます。

しかし、運動をする時間がない、食事をしてもそんなに効果を感じないと思うことがありますね。

そして、なんとかしたい、ほかの方法でないだろうかと感じます。

そんな時、ツボを押すという方法があります。

ツボというと、通常の人は無理と感じます。

整体師が行っているように、ツボを押すことができないと思ってしまいます。

確かに国家資格を持った整体師の場合は、的確にそのツボを知っています。

そのため、効果的に刺激をしてもらうことができるのです。

しかし、その場所に行くことができないと思ったり、時間がないと思うことがあります。

そんな時、自分でできるととても嬉しいですね。

そのツボとしては、インターネットで多く見ることができます。

今は情報としてよく出ているので、その中で自分ができる方法とやり方で探すことをおすすめします。

一番いいのは、直ぐに実施できる事です。

その直ぐに実施できる方法について、ご紹介します。

・仕事中でも押せるツボ

仕事をしているとき、ふとした時に時間が空いたなんてことがありますね。

その時間でも押すことができるツボがあります。

それは、手のひらにあるツボです。

手の親指の付け根にあるツボを押すことによって、代謝を促すことができます。

これを押すと、全身が熱くなることもあるのです。

それだけ、代謝を高めることができるということです。

代謝を高めることと、腹部のぽったりをなんとかすることは繋がっています。

それは、全身の血流がよくなることによって、腹部の血流もよくすることができるのです。

しかも、大腸の血流も良くなるので、詰まっている不要な物を排出することができますね。

便秘が改善されて、嬉しいという人もいます。

私の場合は、そのツボを押すと、とても体が温かくなりました。

そのため、冬の寒いと思った時なども、ツボを押すことがあったほどです。

座ったままでもできるので、とても良いツボとなります。

しかも、時間を取る事無く、空いた時間で自分の好きな時に、刺激をすることができるのです。

肩こり何かにもいいと感じます。

そのため、全身の血流をよくすることができるツボとなっています。

・へその下にあるツボ

へそのしたあたりにあるツボを刺激することによって、腹部のポッチャリを改善させることができます。

最初は、優しくと書かれているので、優しく行っていると、それで物足りなくなってきます。

すると、気持ちが良いと思えるほど、刺激をしてもいいのです。

お腹が脂肪でぼってりとなっている場合は、そのツボを効果的に刺激をすることができなくなります。

そんな時には、マッサージをするような感じで刺激をするのです。

すると、少しづつ体が熱くなってきます。

また、便意をもよおす事もあります。

私の場合は、起きる前に、その部位を刺激しています。

ここというところを刺激しなくても、腹部のへそのしたあたりを刺激するといいのです。

そんなざっくりとした刺激の方法でいいの?と感じますね。

それがいいのです。

そこらへんを刺激して押したり、ひねる感じにすることによって、便意を感じるようになります。

また目覚ましにもなるので、本当に方法です。

朝から気分良く起きることができますよ。

・脂肪の燃焼を促す足の裏のツボ

脂肪の燃焼を促すことができる、足の裏にあるツボがあります。足の裏の親指のした3横指くらいのところに、ツボがあってそこを刺激します。

そこを刺激することによって、代謝を高めることができます。

足の裏というのは、普通の生活の中で刺激をしにくいですね。

そのため、入浴をする時などに足を刺激することをおすすめします。

入浴をするときに、刺激をすることによって、より体の代謝を高めることができますね。

そのため、足だけではなく、いろいろな部位のツボを入浴時に刺激をすることをおすすめします。

ツボを刺激することは、即効性はありません。

即効性を求める時には、運動を組み合わせておこなうことをおすすめします。

運動と組み合わせることによって、とても代謝が高まります。

すると、痩せやすくなって期待することができます。

ツボを刺激するのは、素人がすることなので、しっかりとした効果を感じることができないと思いがちです。

そんなことはないのです。

そのツボは、とても役にたちます。

冷え性の人は、そのツボを念入りに刺激をしていくと、ポカポカしてきます。

ツボというのは、ほんとうにすごいですね。やっぱり先人が考えた効果的な方法と感じます。

無理をしないで、早く痩せることができる方法は、あまりありません。

しかし、少しでも実施をすることが大事なのです。

すると、継続していることによって、少しづつ効果を期待することができます。

ちょっとづつ、できることから始めましょう。