20代の女性でもボディのパーツひとつひとつはほっそりしているのに、なぜかお腹だけがぽっこりという人は多いですよね。お腹周りに集中してお肉がついているとビキニを着るのも恥ずかしいですしおしゃれも存分に楽しめません。こんなぽっこりお腹の悩みを一刻も早く解決したくて腹筋を始める人も多いはずです。お腹には腹筋が効くというのは昔からよく言われている解決法なのですが実は腹筋をいくらやってもお腹のお肉が取れないと感じている女性がほとんどなのです。

腹筋はその名前のとおり、お腹の筋肉に効果があるエクササイズとして有名です。しかしおなか周りのお肉というのは正しくはお腹の筋肉ではありません。筋肉の上に乗ってしまった脂肪、もしくは筋肉のさらに奥に蓄積されてしまった脂肪組織がおなかのお肉の正体なので、腹筋だけではそういった脂肪組織の脂肪燃焼に働きかけることができないのです。ですから腹筋だけをいつまでもやっていてもお腹がぺったんこになることはほぼ無いと言って間違いがないのです。

もちろん腹筋自体はお腹周りのエクササイズ法として、続けていても損はありません。筋力をつけることは代謝を良くして脂肪を燃焼しやすくするという役割があります。ですから要は腹筋とともに脂肪燃焼に効果的な有酸素運動を組みあわせてエクササイズを行えば、より短期間にがっつりとプルプルのお腹の脂肪を減らすことができるというわけです。この腹筋などの筋トレと有酸素運動の組み合わせはジムなどでトレーナーにあなたにあったぴったりのプログラムを組んでもらうのが最も楽でスムーズに行えるのですが、やはりそうなると経済的な問題が出てくると思います。ですから、自宅で手軽にできる有酸素運動のおすすめは二つです。

ウォーキング

ただ歩くだけよりも、お腹の腹筋を意識しながら姿勢をまっすぐにして歩くようにしましょう。できれば早足で背筋をのばして歩きます。だいたいウォーキングを始めてから20分ぐらいで体全体の血行が良くなり脂肪燃焼が開始されます。ということはウォーキング開始後20分からが本当の意味での脂肪燃焼エクササイズのスタート地点ということになります。ですから最低でも1時間は歩く習慣を身につけましょう。冬の寒い時期は、やや脂肪燃焼が始まる時間が遅くなってしまうので、1時間半から2時間ぐらいは歩くのを目標にした方が良いでしょう。

スクワット

スクワットは体に負担をかけずに効率的に脂肪燃焼を行える有酸素運動の代表です。部屋の中でテレビをみながらでも気軽にできるのでお腹を真剣に凹ませたい女性には人気の有酸素運動です。スクワットは脂肪燃焼だけでなく、腹筋の奥にあるインナーマッスルを鍛える効果があるので、さらにお腹周りのお肉を撃退する効果が高まるということになります。スクワットは一見簡単そうに見えるエクササイズですが正しいスクワットのやりかたを動画などで確認しながら行わないと効果がほとんど現れなかったりしますので注意してください。一度コツさえつかめば、いつでもどこでも気が向いた時に、すぐに行うことができる有酸素運動ですから毎日何回でも行なうとより効果の現れ方が早まります。

以上の二つの有酸素運動の両方を行なっても良いですし、自分が続けやすそうな方を選んで毎日続けても良いので、腹筋とともに組み合わせて行うと、だいたい1週間から2週間ほどでお腹周りに少しずつ変化がみられるようになります。あとは、3ヶ月ごとのスパンでお腹の周りの状態の変化を実感しながら、理想のお腹周りへ近づけるよう努力を続けるということになります。

ただせっかくお腹周りのお肉を減らすことができたとしても、日頃の食生活や生活習慣がそのままですが、あっという間に元どおりになってしまう危険性があります。ですから、せっかく引き締まったお腹を手にいれたら食生活をきちんと正しく行い野菜をたっぷり食べて便秘になりにくくすることや、血液循環を良くするためにも血液をドロドロにさせないように海藻類やキノコ類などもバランス良く食べるようにしたいものです。

また他にもストレスも体の代謝を落としてしまう原因になることがわかっています。ストレスが重なると自律神経が崩れてきて血行が悪くなったり脂肪燃焼が落ちてしまいがちになるのです。そうなると一気に、お腹周りに脂肪がつき始めることになるので、いかに日頃の生活を規則正しく行なって行くかが重要であるかがわかると思います。

お腹周りを引き締め美しいボディラインを保つことは、女性にとってはとても意味のあることです。でもパーフェクトな食生活と生活習慣を基盤にしたうえで有酸素運動によるエクササイズをきっちり続けて行かなければならないので相当な覚悟がいることだということを忘れないでもらいたいですね。理想のお腹を手に入れることができた後も気を抜かずに、細く長くエクササイズを続けて行くことが重要です。