ぷにぷにのお腹、ポッコリお腹、ズボンの上に乗っかっちゃう肉…。

わたし脱ぐとすごいのよ!(お腹が!)なんて…誰にも言えません。

モデルさんの美しくくびれたウエストに憧れますよね。

そこで、簡単でお金がかからないお腹のたるみを解消する方法をいくつかご紹介します!

食事制限ダイエットや腹筋など試していたけれど、長続きしないし効果が出ないし、お金がかかる…と断念してしまう方は必見ですよ。

1・インナーマッスルを鍛える

インナーマッスルとは、体の奥にある筋肉です。

腹筋を続けると、シックスパッドになりますよね。

あれはアウターマッスルです。

腹筋ではインナーマッスルは鍛えることができません。

インナーマッスルを鍛える方法はとても簡単です。

足を肩幅に開き、鼻から息を吸います。

その時にお腹を思いっきり膨らませてください。

そして、口から息を吐きます。

と同時にお腹を思いっきり凹ませます。

そしてその状態をキープ!

おへその横を触ってみると、縦に難くなっている筋肉があります。

それがインナーマッスルです。

30秒でも1分でもいいので、キープしてください。

この時、お尻にキュッと力を入れるとヒップアップ効果も期待できますよ。

これを1日5回程度繰り返します。

いつでもいいんです、気づいたときにやってください。

ドライヤーで髪を乾かしているときや、歯磨きをしているとき。

電車に乗っているときなど、日々の生活に取り入れられるのがポイントです。

毎日繰り返し行うことで、確実に筋肉が鍛えられ、お腹がスッキリと見えてきますよ。

2・便秘を解消してスッキリ

便秘は多くの女性の悩みです。

便秘になり、そのまま放置しておくと体にさまざまな異変が起こります。

まずは、肌荒れやニキビ、お腹の痛みや張り、そして自律神経に異常をきたすこともあります。

便秘は体の中に毒素をため込んでいるようなものです。

毎日ちょっとしたことで、便秘が慢性化しないようすることができます。

便秘を解消すれば、健康になりますし、お腹回りもスッキリしてきますよ!

まずは、朝起きて水をコップ1杯飲みましょう。

空腹のお腹に水を飲むと、胃がびっくりして活動を始めます。

そして、左わき腹をつまみモミモミと揉みながら、腰をクネクネ動かします。

左わき腹の下には腸があります。

それを揉んで刺激することで、腸が活性化し排便を促します。

夜はホットヨーグルトがおすすめです。

耐熱皿に100グラムほどのヨーグルトをよそい、レンジで50ワット40秒ほどチンします。

これでホットヨーグルトの完成です。

ヨーグルトを温めることで、乳酸菌の働きを活性化させることができるそうです。

かといって温めすぎてしまうと逆効果になるので、ぬるいくらいがちょうどいいそうです。

さらにヨーグルトは朝食べるよりも、夜に食べたほうが効果的です。

夜食べて翌朝スッキリ!となりますよ。

もちろん毎日続けることが大切です。

3・くびれを作るツイスト運動

くびれがある体は、美しくて女性らしいなと感じますよね。

くびれがあると、洋服をきれいに着ることができますし、なにより自分の体に自信が持てませんか?

そこでくびれをつくるツイスト運動をご紹介します。

床に腰をおろして、両膝を体育座りのように曲げます。

そして体の前で両肘をつかんでください。

左肘は右手で、右肘は左手でつかみます。

そして少し体を後ろに倒し、その状態で息を吐きながらゆっくりと上半身をねじっていきます。

このとき、背中が丸まらないように注意します。

そして、息を吸いながら体をもとに戻します。

これを左右15づつ繰り返します。

慣れるまでは結構きついですが、頑張ってください!

4・正しい歩き方で腹筋を鍛える

健康のためにウォーキングをしている人も多いですよね。

有酸素運動であるウォーキングは脂肪燃焼をするのに効果的です。

それには正しい姿勢で歩くことが大切です。

脂肪燃焼ができれば、たるんだお腹ともさようならできますよ。

なかなか時間が取れないという方は駅までの距離を、腹筋を意識して歩いてみるなどでも大丈夫です。

正しい歩き方とは

腰から頭のてっぺんまでまっすぐに伸びている

膝が自然に伸びている

です。

この姿勢だと腹筋に力が入り、インナーマッスルが鍛えられるそうです。

また、腕を大きく振って歩くと、二の腕も鍛えることができて一石二鳥!

今は会社まで歩いて出勤する方や、一駅手前で降りて歩くという方もいますね。

女性は専用のシューズを持参し、会社に着いたらヒールに履き替えるという方も!

朝から爽快な気分になれそうですね。

いかがでしたか?

ご紹介したことは、普段から取り入れられあまりお金をかけずにできることです。

男女問わず年齢が上がると、脂肪をとることがだんだん難しくなってきます。

特にお腹回りは、年齢が出やすいので、気をつけたいところです。

日ごろから上記のことを習慣づけて、美しい体をキープしながら年を重ねてきたいものですよね。