お腹が痩せず、困っている…という方もいらっしゃると思います。

体に脂肪がつく場合、真っ先にお腹に尽きやすいと言われています。

そこで、お腹痩せの方法には、さまざまな方法がありますが、脂肪燃焼をするために、効果的なのが、有酸素運動です。

有酸素運動をすることで、効率よく脂肪燃焼をすることが出来ますし、運動を日常的に行うことによって、体の健康管理も出来るといえるでしょう。

しかし、ランニングやウォーキングなどの有酸素運動は、苦手という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

特に夏場などは、汗もかきますし外でウォーキングをするのは難しい面もあります。

そこで、おすすめなのがプールで泳ぐ方法です。

プールで泳ぐのは、気持ちよいですし、脂肪燃焼を効率よく子なうことが出来ます。クロールや背泳ぎなどさまざまな泳ぎ方がありますが、どの泳ぎ方が特に効果的なのでしょうか。

実は、水泳はどの泳ぎ方にもそれぞれメリットとデメリットがあります。

しかし、泳ぐことがそれほど得意ではないという方や、気軽に続けたいという方の場合には、まずは「平泳ぎ」がおすすめです。

平泳ぎは、初心者の有酸素運動に最適であるといえるでしょう。他の泳ぎ方よりも、強度が低いので、楽々続けることが出来るというメリットがあります。

有酸素運動では、大体20~30分程度で脂肪が燃焼し始めますので、これだけの間平泳ぎを続ける必要があります。

消費カロリーはその他の激しい泳ぎ方に比べるとそれほど高くありませんが、水中ウォーキングよりも、消費カロリーは高くなってします。

平泳ぎは難易度も低いため、あまり泳げないという方でもチャレンジすることで、どんどん上手になります。このため、続けやすいといえるでしょう。

泳ぎがまぁまぁ得意という方の場合には、クロールがおすすめです。クロールは、泳ぎそのものが激しい動きであるため、運動の強度が高く、それだけ脂肪をスムーズに燃焼させることが出来ると言われています。

特に、消費カロリーや運動の強度に関しては、ジョギングやエアロバイクと匹敵すると言われていますので、泳ぎが得意な方は、ぜひ続けてみると良いでしょう。

脂肪が燃焼し始めるのが、大体15分程度からなので、これだけの間泳ぎ続けることで、効果は高いといえます。

また、泳ぐ際には、その体勢やバタ足などにも気を配ることで、スリムな足を手に入れることも出来るというメリットがあります。

しかし、クロールは、水泳が得意じゃないという方は、続けにくいというデメリットがあります。水泳が得意ならば、軽く何キロも泳げますが、得意出ない方はそれだけ泳ぐのは大変です。このため、ある程度泳ぎに慣れている人や自信がある人におすすめです。

また、背泳ぎなどの泳ぎ方は、背中肉が気になるという方や、お腹の肉を薄くしたいという方にはおすすめの泳ぎ方です。お腹痩せを目指している人にはおすすめですが、長く続けにくく、広々とした場所が必要となるので、難しい面があるといえるでしょう。

もしも、続けるのであれば、クロールや平泳ぎの方が良いともいえます。

もしも、水泳ダイエットを考えているけれど、泳ぐのが苦手でカナヅチである…という方の場合には、水中ウォーキングをすることがおすすめです。

水中でのウォーキングは、夏場は涼しく、快適に運動をすることが出来るというメリットがあります。

また、水中でウォーキングをすると、水圧や負荷がかかるので、地上でウォーキングをするよりも、それだけカロリーの消費量が大きくなると言うメリットがあります。

また、水の中は、浮力がありますので、足腰への負担が少ないというメリットがあります。

運動が苦手という方でも始めやすいですし、また体質改善などの効果も期待できるといえるでしょう。

もしも、水泳ダイエットでも泳ぐことが苦手であるという方の場合には、まずはウォーキングから試してみることがおすすめです。

水泳ダイエットは、このように、各泳ぎ方でメリットがあります。初めからハードな泳ぎ方をしようと考えるのではなく、出来る範囲でゆっくりと始めて見ることが大切です。

しかし、水中ダイエットは、最初はやる気があったとしても、途中で続けなくなってしまったり、水泳をすることを止めてしまうというかたもいます。

水泳ダイエットも、他のダイエットと一緒で、続けなければ、あっという間にリバウンドをしてしまいます。

まずは、水中ダイエットというものは、他の運動と同様に、継続して続けると言うことが何よりも大切であるといえるでしょう。

また、水泳をすると、お腹が空いてしまうため、その後暴飲暴食をする方もいます。しかし、せっかく水中でのダイエットをしても、食事のコントロールをしっかりとしていなければ、意味がなくなってしまいます。

水泳ダイエットを考えているのであれば、一緒に食事制限や食事のコントロールなども考えることが大切なのです。