お腹周りの脂肪を落とすにはいろいろな方法があると思います。そしてその方法を実現してお腹の脂肪を落とすことは可能なのですが、継続することが非常に難しいとも考えております。

私は普段からあまりお金をかけずにどのように脂肪を燃やすべきなのかを考えております。

私の場合、特にお腹周りに関しては、腹筋を毎日欠かさずするようにしております。確かにジムなどに通うことでお金を使えば効率よくやせることも可能かもしれません。

しかし、お金を使わなくても、普段のちょっとした運動で脂肪を燃やしてやせることが可能なのも事実です。私はそこで、普段から自分の意識を高く持って、ちょっとした運動を心がけるようにしております。

これまでは、運動と言っても、気が向いたときしか歩くことをせず、そのため天気などに左右されていたため、継続した運動はできておりませんでした。しかし、天気を気にせず、自分の意識を高く持ってやせるためにはどうすべきかを真剣に考えてみたのです。

もちろんお金を使ってジムに通うことも一つの選択肢ではありました。しかし、お金を使いある程度やせられて、それで満足してしまって結果、リバウンドする可能性もあると考えたのです。

そのため、お金をかけず自分の部屋で意識を持って継続でき、リバウンドをせずに自分なりにできる方法をまず考えました。その結果、私は腹筋運動を毎日こなすことを試みたのです。腹筋運動と言っても、過酷な運動をするわけではありません。

自分なりに自分のペースで継続できる回数をこなすことに着目しました。つまり、私は継続できる運動を選んだのです。継続できなければ、これまでの運動と何もかわらなし、変化もあまり期待できません。

しかし、継続さえできれば、少なくとも前に進むことができ、結果もついてきます。その状態を追い求めるべく、継続できる運動を私は選びました。そして、腹筋運動をするに当たり、毎日の体重測定とウエストの測定をノートに取るようにしたのです。

つまり、運動の見える化を実現することで意識の継続を自分なりに促すこととしたのです。私は、自分の運動結果を毎日ノートにつけることとし、それにより、自分がサボらないように自分で自分を見張ることとしたのです。

最初のうちは結果はすぐには出てきません。しかし、一週間ほど続けることで、どういった腹筋運動の回数が自分にあっているのか、次の日に疲れが出ないようにするための回数や腹筋への負荷の具合などなんとなく分かってきます。

そして、当初立てていた目標回数を自分に合わせて再度見直すことで、効率的な運動が実現できるのです。もちろん、最初は1日、20回程度の腹筋運動でしたが、徐々に回数を増やすことができるようになり、今では1日、40回の腹筋運動を毎日こなしております。

そして、この毎日の腹筋運動を1ヶ月していることで、体重はさほど変化することもなかったのですが、ウエストは4cmほど小さくなりました。

もちろん、体重を落としたい場合は食生活を見直せばよいのかもしれませんが、私のダイエットはあくまでも無理なく落としたい部分のみ落とすことに着目していたため、今回の腹筋運動で問題ないと考えております。

つまり、腹筋運動でも十分にお腹周りの脂肪を落とすことができるのです。ただし、そのためには継続することが重要であり、かつ自分にあった負荷をかけることが重要であると思います。

決して無理をするわけではなく、無理しない程度の負荷を自分なりに見極め、その負荷を継続することができるのであれば、必ず結果はついてきます。私は今回の腹筋運動を通して、自分でも十分運動できると言うことを確認できました。

これまでは結果が出ないうちに継続を断念していたり、結果が少し出て安心してしまい、リバウンドしていたのですが、今回は自分でノートを取るようにし、自分で自分を監視する体制としたため継続ができたのだと考えております。

人間は自分に甘い生き物です。少しでも結果が出れば、その結果に満足してしまい、途中で継続をやめてしまうことも多々あります。しかし、ノートなど自分で記録を取ることで自分を知らないうちに自ら監視するようになっており、その監視から逃れないよう自分で意識を持ってがんばれました。

つまり、人間は自分に甘いと同時に、自分の意識が高い場合は簡単には逃げ出さない生き物でもあるということです。私は現在、腹筋運動を継続して1年近くになりますが、現在もウエストを維持すべく腹筋運動を継続しております。

そして、現在のウエストは当時のウエストと比較して7cm小さくなっており、自分の好きな服がきれるようにもなっております。

ここまで継続すると、これまでの自分の努力を台無しにしたくないと言う気持ちも働いてきます。そのため、これからも腹筋運動を継続していくつもりだし、ノートをとり続け、日々の自分への監視を継続していくつもりです。