ダイエットをしたいと考えている人達の中で特に引き締めたいと思っている部分で上位に上がるのがお腹なのではないかと思います。

お腹を引き締める方法には様々な方法があると思いますが、その中でも特に気をつけたい部分が食事です。

どのような食事をしたらお腹を引き締められるのでしょうか?

お腹ポッコリの原因は?

お腹がぽっこりとしてしまうのには大きく3つの原因が存在しています。

1つは脂肪の厚さです。

内臓脂肪や皮下脂肪が付いてしまうことでお腹がぽっこりとしてしまいます。

内臓脂肪は運動不足・食べ過ぎが原因となってたまりやすくなるお腹回りの内蔵周囲の脂肪のことです。

皮下脂肪は皮膚のすぐ下についている脂肪です。

女性は特につきやすく、一度付いてしまうとなかなか落ちにくいです。

2つ目は便秘です。

下っ腹がカチカチになっていて苦しい状態になってしまっているのは便秘が原因となっていることが多いです。

便秘にも種類が存在しています。

・大腸のぜん動運動低下や運動不足などによって起こる「弛緩性便秘」

・ストレスなどによって自律神経の乱れてしまった結果大腸が緊張して起こってしまう「痙攣性便秘」

・直腸に便がたまっている状態でも便意を感じにくいために起こる「直腸性便秘」

この3種類が挙げられます。

便秘というのは老廃物が体内に溜め込まれている状態のため、このままでは有害物質が運ばれていってしまうので身体はそれを排除することに集中してしまいます。

そうなるとエネルギーの代謝が低下してしまうので身体は痩せにくくなってしまうのです。

最後は内蔵下垂です。

ダイエットした結果、体重は落ちたのだけど、下っ腹がポッコリとしているといったことやガスやゲップがよく出るなと感じてはいませんか?

その原因は内臓下垂である可能性があります。

これは筋肉や腹膜で固定しているはずの胃や腸、腎臓が、お腹の中で垂れ下がってしまっていて、骨盤の中に入り込んでいってしまっている状態のことを指しています。

これはインナーマッスル、腸の筋肉の衰えが主な原因となっています。

これで、血流は滞ってしまって常に便秘をしているような状態になってしまうのです。

これらの原因が主にお腹をポッコリとさせてしまっていることが多いのです。

ためない身体作りを!

原因が分かってくるとお腹を引き締める具体的な方法も見えてくるのではないかと思います。

とにかく大事なのは身体に余分な物をためないことなのです。

では、腸をスッキリとさせるにはどうしたらいいのでしょうか?

1、食物繊維の摂取

お通じにいいといわれている成分としてとても有名なのものの1つが食物繊維です。

食物繊維には腸の調子を整える効果があるので、摂取していれば少しずつですが、腸の動きは活発化していくようになっていくと思います。

2、適度なオイルの摂取

え、オイル!?と思った人も多いかもしれません。

ダイエットにとって油は大敵だと思っている人は多いでしょう。

しかし、油にも様々な種類が存在しています。

牛脂やバターなどといった動物性脂肪は皮下脂肪になりやすいですから、控えた方がいいです。

ただ、油分というのは適度であればスムーズなデトックスを行ったり、肌のつやを良くするといった効果もあるのです。

なので、一概にオイルはダイエットに悪い存在ではないのです。

特にオリーブオイルは脂肪を燃焼しやすくさせる油です。

油をダイエットに効果的な物に替えるだけで大分お腹が引き締まりやすくなりやすいと思います。

3、乳酸菌の摂取

乳酸菌には腸内の働きを整えてくれる効果があります。

腸が健康に動くようになればダイエットはより効率よく進むようになりますから、ヨーグルトなどの乳酸菌が豊富に含まれている食品は積極的に摂取するのがオススメです。

4、昼間に水分をいっぱい補給!

水分を多めに補給すると老廃物が積極的に排出されるようになります。

そうなるとお腹も引き締まってくるのです。

但し、食事の前や食事中に多く摂取してしまうと胃液を薄めてしまうことになります。

そうなると胃もたれに繋がるので水分を積極的に摂取するのは食間に行うようにしましょう。

理想は、寝覚め/食事中/入浴後に100~200mlずつ、食間に400~600mlずつ飲んで、1日に1l摂取できるようにするといいです。

但し、カフェインを取りすぎると身体に欠かせない成分が吸収されるのを妨げることに繋がるので水で補給するのが賢明です。

5、身体が温まる食事

身体が冷えてしまうことは内蔵の動きを低下させて、代謝も低下させてしまうことにも繋がってしまうのです。

そうなってしまうと脂肪がたまりやすくなってしまいます。

ですから、特に寒い季節には身体が温まるような食事をすることを心がけるようにしましょう。

このようにお腹を引き締める効果が期待できる食事の接種方法には様々な物があります。

これらを意識した食事をしていればお腹を引き締めることは勿論のこと美容にもよく全体的に美しい体を作ることに繋がるのではないでしょうか。