お腹周りは脂肪がつきやすく、ついた脂肪が落ちにくい部位です。ダイエットをがんばっているけれど、お腹だけ思うように脂肪が減らない方もいるのではないでしょうか。しかも、減らしたい部位は減らないのに、減らしたくないベストがしぼんでしまうことも。

メリハリのある体を手に入れたい、お腹の脂肪だけを落としたい、どうすればこのような望みを叶えることができるのでしょうか。

胸は女性ホルモンの影響を受けて大きくなります。女性ホルモンは、大きく分けてエストロゲンとプロゲステロンの2種類があります。女性らしい体型にかかわるのは、主にエストロゲンです。女性ホルモンが乳房内の乳腺細胞を増殖させるように働きかけて、胸が大きくなります。

胸の大部分は脂肪です。運動などをした際、身体はどこか一部分の脂肪を優先的に燃焼させるのではなく、体全体の脂肪を均等に燃焼させます。そのため、お腹の脂肪だけを減らしたくても難しく、胸の脂肪も減ってダイエットをすることでバストサイズが下がってしまうことがあるのです。

では、どうすればお腹の脂肪だけを減らせるのでしょうか。その前に、体の脂肪を落とす方法を確認してみましょう。

体にたまる脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があります。

皮下脂肪は全身の皮膚の下につきやすい脂肪です。男性よりも女性につきやすい傾向があります。一度皮下脂肪がつくと分解されにくく、落としにくい脂肪です。

内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪です。男性につきやすく、ぽっこりお腹の原因になります。分解されやすく比較的落としやすい脂肪です。

女性は皮下脂肪がつきやすく、お腹のついている脂肪は大部分が皮下脂肪の可能性が高いです。そのため、ダイエットをがんばっていてもお腹だけやせにくいのです。

皮下脂肪と内臓脂肪は性質が違うので、皮下脂肪を落とすには皮下脂肪にあった方法でダイエットをすることが大切になります。内臓脂肪とは違い短期間では燃焼が難しいので、根気よく続けてみましょう。

皮下脂肪を燃焼するためには運動が大切です。運動をすると脂肪を分解してエネルギーを作るように脳が指令を出します。脂肪を分解するにはリパーゼという酵素が必要なのですが、リパーゼを活性化するホルモンが、ノルアドレナリンや副腎皮質ホルモンといったホルモンです。これらのホルモンが運動によって活性化されます。

運動には有酸素運動と無酸素運動があります。皮下脂肪を燃焼されるには、有酸素運動が効果的です。酸素を取り込んで、脂肪を分解してエネルギーにします。一方無酸素運動は、筋トレなど筋肉のエネルギーを作るために酸素を必要としない運動で、脂肪燃焼効果は低いです。

有酸素運動には、ウォーキング、ジョギング、水泳、ヨガ、ダンス、縄跳びなどがあります。比較的長時間運動できるものです。

有酸素運動は20分以上継続しないと脂肪が燃焼されないといわれていましたが、近年は20分以上継続をしなくてもよいといわれるようになりました。10分を2回など、トータルで20分以上になればよいのです。脂肪を燃焼されるためには、1日30分以上を目安に運動をしてみましょう。

皮下脂肪は短期間では燃焼されない脂肪です。根気よく続けることが大切なので、楽しく無理なく続けられる運動を継続してみてください。

脂肪を減らす方法はわかりましたが、これでは胸の脂肪も減ってしまいます。では、どうすれば胸のサイズダウンを防げるのでしょうか。

胸は女性ホルモンの影響で成長をします。つまり、胸のサイズを維持するためには女性ホルモンの力が必要なのです。

女性ホルモンの働きを助けてくれる成分が大豆イソフラボンです。大豆イソフラボンは女性ホルモンと構造が似ており、エストロゲンと似た働きをしてくれます。そのため、大豆イソフラボンの摂取でバストアップが期待できます。

大豆イソフラボンの摂取目安は1日70~75mgです。納豆1パック(50g)には35mg、豆乳200mlには40mgほど含まれています。大量に摂取すると過剰症が心配されるので、納豆だったら1日2パック程度を目安に食べるとよいでしょう。

タンパク質も大切です。ダイエットをしている方はカロリーを気にして、肉や魚などタンパク質が多いけれどカロリーが高い食べものを控えがちです。タンパク質は筋肉や細胞の原料となるので、バストアップには欠かせません。大豆はタンパク質も豊富な食品です。

女性ホルモンはコレステロールを原料に作られます。コレステロールは体内で作ることができるので不足する心配はあまりありませんが、極端なダイエットをしているとホルモンの原料になるコレステロールが不足する心配があります。コレーステロールが多い食品は、卵、いくら、レバーなどです。

女性ホルモンの原料が不足しないように、食事はバランスよく3食食べることが大切です。バランスのよい食事をして女性ホルモンの分泌を促して胸のサイズを維持し、運動でお腹の脂肪の燃焼をしてお腹やせを目指しましょう。