お腹周りは他の部位に比べると以前より太ったかどうか分かりやすいですよね。見た目ももちろんですが、ファスナーが上がらなくなったり、ゴムが食い込んだり、私自身も経験したことがあるのですごく気持ちが分かります。

特にちょっと油断して深夜遅い時間に食べちゃう日が続いたり、外食や飲み会が連日開かれたりすると、あっという間にズボンやスカートがキツキツになっちゃいます。

10代の学生の頃とは習慣が変わっちゃうんですよね。運動もなかなかする時間が取れないし、かといって付き合いがあるし、何より楽しいから食事制限も無理。

だけどこれから歳を重ねるごとに実はもっと太りやすくなるんです。

食習慣はそのままでも太ってしまう場合もあります。加齢によって身体の機能も変わってしまうんです。

まず基礎代謝が低下して消費される量が減ってしまうので、食べた量がなかなか消費されません。基礎代謝が高い若い頃に比べると、同じ量を食べて同じ日常生活をするだけでも、太ってしまいます。20代ならまだしも、30代、40代と歳を取るごとに太りやすくなります。

また、脂肪分解には女性ホルモンも関係しているので、閉経して女性ホルモンが減るとますます脂肪がつきやすくなってしまいます。

まだ若くて比較的脂肪が落ちやすいうちに、ダイエットして健康に綺麗になりましょう。

ダイエットで一番大変なのは継続することですよね。始めたばかりの頃は強い意志をもっていてモチベーションも高いのですが、結果がなかなか出なかったりするといつのまにかダイエット中止。おかげで私は年中ダイエッターでした。

食事制限、運動など個人個人で自分にあったものがあると思いますが、私はどちらかだけに集中するのは無理だと思ったのでどちらもゆるく取り入れてました。

食品の制限や食べる量を減らす、効果的かもしれませんが、ダイエット終了後のリバウンドがこわかったので、私はこれはしませんでした。

ただし、なるべく遅い時間に食べない(外食、付き合いは別)、食べるときは野菜から、またしっかりよく噛んで食べる。食事に関してはこれだけ決めて行いました。

甘すぎるかもしれませんが、まずは継続が大事だと思ったので。

運動もいきなり頑張りすぎると続かないので、一つだけ決めて行い、あとは気が向いた時にオマケとして頑張りました。

そのとき行ったのはDVDを見ながら行うエクササイズです。見るDVDはどんなものでも良いと思います。出来れば鏡の前でやると少し楽しいですよ。DVDでお手本を見ながら、自分の動きも確認出来るので便利です。

私は20分程度行ってましたが、お腹のプログラム重視のものだったので、お腹は見事にひっこみました。ただし、いつでもどこでも出来るわけではなく、テレビがないと出来ないのでDVDを起動するのが面倒でした。そのかわり見終わった後の達成感はすごくありましたよ。

このようにゆるい食生活の見直しと、運動を続けることでゆっくり痩せていきましょう。

その間、どうせ痩せるのだから新しく大きいサイズの服を買うのは嫌ですよね。でも、ファッションも楽しみたいし、締め付けなどの着心地も気になります。

お腹周りが太い場合、ゴムであればだいたいのボトムスは入るかもしれません。しかし、私はゴムのボトムスはあまり好みではありませんでした。伸びるとはいうものの、お腹にゴムが食い込んでくるのが不快でした。ワンピースか、大きめのショートパンツが履き心地も良く、好きでした。

また、ぽっちゃりさんが着痩せして見せるには、その人のぽっちゃりの体型にもあると思います。

胸が大きければ、ストンとしたワンピースを着るとより太って見えます。胸の下がくびれてキュッとしぼってあるタイプのワンピースなら、胸は強調されますが、綺麗なラインになると思います。

お腹周りが気になるなら、チュニックの方が良いかもしれません。お尻が隠れるくらいの長めチュニックに大胆な短めショートパンツを履くとバランスが良く、痩せてみえるとよく言われました。足を出すのに抵抗があると難しいかもしれませんが。私はジーパンが一番太って見えるので、それなら多少太くても出した方が可愛く見えます。

腰にシャツを巻くのもかわいいですが、お腹が強調されることもあるので、巻く位置には注意しましょう。あまり上すぎる(胸の真下など)と、妊婦さんに見えてしまいます。

あとはファッションで大事なのは姿勢です。着痩せファッションで身をつつみ、背筋を伸ばすとお腹が想像以上にひっこみます。長時間正しい姿勢を維持するのは苦しいものですが、これもまたダイエットの糧となります。

ぽっちゃりさんが好きな男性もいますが、かわいい服を着こなすためにはお腹はひっこめたいですよね。地道に痩せる努力はしつつ無理しない、そして継続させることが何よりの成功の秘訣だと思います。

ダイエットが無理だと思ったら服の着こなし方と姿勢だけでも十分印象は変わるもんですよ。でもかわいい服を着こなす自分を見たら、またいっそう頑張りたくなりますね。