自分の体型が気になって、自信が持てない…という方は多くいらっしゃるかもしれません。

特にお腹周りが気になる!という場合も多いかと思います。

そんな時にはそれをカバー出来る洋服にはどんなものがあるか?を知っておくと役立ちますよ。

まず、衣服の種類の他にも着痩せに関しては衣服の色も実はかなり重要な要素ですね。

よく言われることに「白は膨張して見える」というものがありますが、確かに膨張して見えるのは事実です。

すべての光を反射する色がいわゆる「白色」なので、反射した分だけ錯覚で膨れて見えるのです。

ですから、あまりに白の強い衣服は着痩せして見せたい人には不向きとなります。

つまり、その逆の黒色を積極的に着れば良い…ということになりますが、実際はちょっと違います。

実は黒には縦ラインをくっきりと際立たせる効果もあるので、過剰にライン(体型)を強調させてしまうのです。

着痩せが目的ですから、元の体型を際立たせては意味がありませんね。

ですからまったくの白や黒は使わない方が良いということになります。

しかし基本的には黒系の方が痩せて見せるのは事実で、実際は「紺色」が最も痩せて見えることが判明しています。

紺色の洋服はシックでありつつ、少なくとも真っ黒よりは重過ぎないので使用しやすいかとは思います。

よって、紺色をメインに使いつつ痩せて見える服を着るのが良いでしょう。

では、スマートに見える衣服にはどんなものがあるでしょうか。

ここまで説明してきた通り、痩せて見えるというのはつまり「人の目で見た時に痩せて見えるのか」というある意味視覚に訴えかけるものなのです。

色の特性もそうですが、こういった「視覚を騙す」というと語弊がありますが特性を活かすことが最重要です。

こういった話題で特に有名なのが「ストライプ柄は痩せて見える」というものです。

ストライプつまり縦縞模様のことですが、縦に並んでいることが重要…というより人の目は「縦に長い」ものを見るとそちらに意識が向くので、結果的に縦長=スマートという印象になるわけです。

ボーダー柄の洋服は横の印象を強く与えるので、当然控えた方が良いですね。

しかし今回目指しているのは「お腹周りを痩せて見せる」ことなので、ちょっと話が変わってきます。

それは何故か?と言いますと、お腹を気にしているということはお腹が出っ張っていることも考えられますね。

こうなるとストライプがお腹の部分で歪んで見えて、逆に目立たせてしまうわけです。

ですから、ストライプ柄を着るのは全体的に痩せて見せたい方にとっておすすめ、ということになります。

しかし、この縦長効果はとても優秀なので積極的に使っていきたいものです。

そのための方策として「ロングカーディガン」で縦のラインを強調するというワザが使えます。

このロングカーディガン、スタイルを良く見せるために非常に優秀なアイテムなんですよ。

普通のカーディガンより長く、スタイリッシュな印象を相手に与えます。

ファッションから来る「主観的」な印象も、そのまま視覚効果と同じように脳に強く訴えかけるものです。

「スタイリッシュ、クール、カッコいい」と印象は、痩せてるというイメージと結合しがちですからね。

もちろんそれだけでは無くて、ロングカーディガンにはきちんとした視覚効果が備わっています。

まず、全面は開けておいて下の洋服を印象付けるのです。

するととても長い「縦長」のラインが出来ますよね?

カーディガンが濃い色ですと、下の洋服が薄い色ならしっかりコントラストになって効果的ですね。

衣服の形状にもよりますが、同じ色で上下を揃えてみたり2種類以上の色を組み合わせることで得られる視覚効果も使っていきたいものです。

この場合ですと2種類の色を使って、その対比で効果を高める方法になりますね。

このファッションを見た他の人は、どうしても前面の縦ラインに目が行きますから痩せて見えることになります。

下着も着痩せ効果を実感するためにはこだわっていきたいですね。

最近では通称「着痩せブラ」というものがありますが、バスト部分もそのサイドも綺麗に見せるので、その流れでお腹周りにかけてのスタイルも思いの他綺麗に見えます。

下着で補正、と言うともっと年配の女性のイメージもあるかもしれませんが最近の着痩せブラ等は若い女性にも気楽に使えておすすめですね。

下着でサポートしながら、トップス・アウターで痩せて見えるファッションを同時に使っていくのがベストでしょう。

夏にはカーディガン手法は使えないでしょうが、いつでも使えるシンプルな方法として長いボトムスを履くやり方があります。

足を長く見せればスマートな印象を強く与えますし、お腹周りも良い意味でうやむやに隠せますので汎用性が高いですね。

私も主にこのボトムス手法を使っていますが、紺色も効果的に使いながらなのですごく効果を感じていますよ。

実は意外と、着痩せテクニックはたくさん存在しているので、きっとご自分にあったテクニックをその都度使っていけることと思います。