お腹もお尻も一緒になんとかしたいという人は、少なくないと思います。

どちらにも悩みを抱えている人は決して珍しくなく、だからといってどうすればいいのか分からなくて結局何も出来ず悩みは継続というパターンがむしろ多いのかなと思ってしまいます。

1つの行動でお腹も一緒にお尻もというのは、決して簡単ではありません。

確かに近い場所ではあるのですが別物ですし、基本的には別に行うということを考えたほうが良いかもしれません。

ですが、一気に出来ることもないわけではありません。

ただ、楽ではありません。

いつやるのかというと、立っているときです。

まず爪先立ちをします。

思いっきり立とうとしなくても良いです。

ただ、かかとは浮かせてください。

その状況で、お腹をへこませます。

ここはしっかりとへこましてください。

そして、お尻にきゅっと力を入れてください。

この状態は文字にすると簡単かもしれませんが、実際にやるとなるとかなり疲れます。

ですが、何故爪先立ちと思う人もいるかもしれません。

自分は別に、足をどうにかしたいわけではないと思う人もいるでしょう。

ですが、爪先立ちをしたほうがお尻に力が入るのです。

ただ、よろける人や危ないなと自分で思う人は、無理にしなくても良いと思います。

ですが、まず1度やってみると分かると思います。

やってみると、お尻に力を入れざるをえない状況になるのです。

ただ、無理は禁物なのでそこは自分の体と相談してみてください。

ですが、他にも方法がないわけではありません。

実はストレッチが案外大事だったりします。

ストレッチなんて適当にやればいいのではと思う人もいるかもしれませんが、しっかりやっておかないと怪我をする可能性もあります。

体が硬いまま色々やってしまうと、ちょっとしたことで怪我をしてしまうこともありえます。

ストレッチで体をほぐしておくと、怪我をしにくくなります。

もちろん、絶対に怪我をし無い訳ではありません。

する場合もあります。

ですが、怪我をする可能性を減らすことは出来るのです。

それに、ストレッチは出来るなら毎日やっておいたほうがいいです。

毎日体をほぐしておくことになりますし、体が柔らかくなることで怪我もしにくくなります。

ストレッチで損をするということは、考えにくいですね。

それに、太りにくい体を作ることにもなります。

お腹とお尻を今すぐにでもなんとかしたい気持ちも分かりますが、今後のことを考えるのも大事です。

太ってしまってその度に色々やるのは精神的にもしんどいと思うので、予防を考え実践するのも大事だと思うのです。

そのほうがきっと自分のためになります。

もしかしたら今は面倒だと思うかもしれませんが、今後いつかはやっておいて良かったとおもえるようになるかもしれません。

お尻に関しては、力を入れたりするだけでかなり違ってきます。

普段そこまで力を入れる場所ではないと思います。

運動をしている人は常日頃から力を入れていると思いますが、みんながそういうわけではありません。

普段力を入れないからこそ、いざ入れたときはかなりきついと感じるかもしれません。

あと、意外と効くのが昇ることです。

階段を昇る、坂道を登る、これもお尻に力が入ります。

1回きりで痩せることはもちろんありませんが、これを数日続けるだけで効果が出るという人もいると思います。

どうやって効果が分かるのかと思う人もいるかもしれませんが、以前から履いているパンツを履けば分かります。

私は、履くときに楽になったという印象でした。

1週間続けただけだったのですが、こんなに変わるのかと驚いた記憶があります。

それに、そういったところを昇るのにはお腹も実は力が入っています。

実は意外と分からないのですが、力はちゃんと入っています。

力が入っている気がしないというのは、やっているほうは楽かもしれませんね。

でも、近くにそういうところがないという人もいるかもしれません。

ここは究極かもしれませんが、プールなんていかがでしょうか。

泳げないという人でも心配いりません。

もちろん泳ぎたい人は泳いでよいのですが、大事なのは歩くことです。

しかも、大またです。

そうすることで、実はかなり体を動かしていることになるのです。

水の中だとそこまで負担に感じないのですが、実は自分が思っている以上に体を使っているのです。

負担にはそれほど感じないので、体のどこかを痛めている人でも割とやりやすい方法です。

長時間泳がなければならないとかだったら大変なのですが、これなら続けやすいのではないでしょうか。

もちろん毎日というのは無理かもしれませんが、行けるときに行くだけでかなり違うと思います。

プールに行っていると陸での運動が辛くなるかもしれませんが、もしかしたら水中のほうが効率も良いかもしれません。

1度近くのプールに行ってみることをお勧めします。

もしかしたら、自分が思っているよりも瘦せることが出来るかもしれません。