ぽっちゃり体型がコンプレックスだという人は非常に多いと思います。

ですが、いざダイエットしようと思ってもどうしたら痩せるのか分からないという人も多いでしょう。

特に飽き性の人はなかなか続かないですよね。

ですが、諦めてしまいがちな人は簡単にお腹を引き締められる方法を知らないだけなのです。

簡単にお腹を引き締められる方法を実践したら、ズボラな人だって、ダイエットに成功できるはずですよ。

姿勢を意識しよう!

あなたは周りから猫背だと指摘されたことはありませんか?

それなら、まずは姿勢を正すことから始めましょう。

正しい姿勢を意識して続けているとお腹の奥にある腸腰筋という筋肉が鍛えられます。

その結果、身体の歪みが取れて血流が良くなったり基礎代謝UPが期待できるんです。

実際、私は背骨が曲がっていて、お腹のお肉のバランスがスゴく悪いんです。

右側はくびれがあるのに左側はブヨッとなってしまっています。

こういったことも背中を伸ばして、お腹をギュッと凹ませることを意識していたら改善されていきますよ。

立ってる時だけでなく座ってる時にもお腹に力を入れて綺麗な姿勢で座っているようにしましょう。

お腹を凹ませる=筋トレ

お腹を凹ますという言葉がさっきから多く使用されているのは、お腹を凹ますことには筋トレ効果が期待できるからなんです。

お腹を凹ませているだけで全身の筋肉を使用していて、手軽に筋トレをしている状態になっています。

これを継続していれば、筋肉は次第に鍛えられた方向へ伸びますし短縮もされます。

筋肉も形状記憶が出来るんですね。

そうなると気がつくとお腹を凹ませている状態が普段の状態になるんですよ!

呼吸にも意識を!

お腹を引き締めるのに手軽な方法として他にも意識するといいのが呼吸です。

呼吸は生きている限りはいつも行われているものです。

だからこそ、毎日の呼吸をダイエットに繋がる呼吸法に変えていけば手軽にダイエットできるようになっていきます。

よく知られているのが「腹式呼吸」でしょう。

鼻から息をゆっくりと吸い込んでお腹に空気を溜めていくように意識してめいいっぱい吸い込んだら、ゆっくりと口から行きを吐き出していくという方法です。

吐き出す時には吸う時よりも長い時間をかけて行うようにするとより効果が高まります。

腹式呼吸ではお腹を普段の呼吸以上に使用して行うのでお腹の引き締めに繋がるのです。

他にも、お腹を引き締める効果のある呼吸法としては「ドローイン」と呼ばれている呼吸法があります。

これは息を吐く際に、おへそを意識して引っ込めていきます。

イメージは腹筋の奥の筋肉を背中にくっつけていく感じです。

それと同時にお尻に力を入れた状態をキープしていきます。

大体10秒キープしていればいいです。

これを1日に10セットするだけで腹横筋などの体幹部に位置している筋肉が刺激されていき、お腹が引き締まっていくことが期待できますよ。

腹式呼吸も最初は1日に5回、慣れてきたら10回から20回ぐらい行うのが目安です。

健康的な生活を送ることがダイエットの近道

どのようなダイエット方法にも言えることですが、どんなに食生活に気を遣っていても、しっかりとした運動を行っていても結局のところ健康的な生活を送っていないとダイエットには結びつきにくいです。

実際、海外での研究では睡眠時間が短過ぎても長過ぎても肥満度が高くなっていくという研究結果が出ています。

最も低いのは7時間から8時間の睡眠時間を普段から心がけている人達のようですよ。

特に睡眠不足な身体の状態だと人は知らず知らずのうちに食欲が健全に睡眠がとれている状態の時よりも増加してしまいます。

そして、ストレスや疲労感も高まっていってしまいます。

ストレスもダイエットには大敵となる存在です。

ストレスが全く無い状態というのは難しい物です。

ですが、あまりに溜まっている状態は自律神経の調子を狂わせることに繋がっていきます。

そうなると脂肪は燃焼されにくくなってしまうのです。

脂肪が燃えなくなったらお腹がブヨブヨになりやすくなるのは簡単に想像できますよね。

これが、健康的な生活を送るべきだという理由です。

現代人にとってはなかなか難しいことも確かですが、できるだけ7〜8時間の睡眠は取ることを心がけましょう。

寝る長さだけでなく、寝る時間帯というのも大切です。

これは、睡眠中には成長ホルモンが分泌されるからです。

成人しても僅かに成長ホルモンは分泌されています。

その成長ホルモンにはダイエットを促進させる効果があると考えられているのです。

成長ホルモンは午後10時から午前2時に最も分泌されていると考えられています。

なので、その時間帯には深い睡眠に入れるように生活習慣を見直してみましょう。

このように日頃の生活を見直して見るとちょっとした部分を改善してみるだけでお腹を引き締めることに大きく繋がります。

これらの方法ならズボラ女子でもダイエットに成功しやすいのではないでしょうか?