お腹周りは本当に嫌になるぐらい脂肪がたまりやすい場所ですよね。ぺたんこのお腹やスッキリ脇腹はすべての女性の憧れです。もちろん男性から見てもお腹周りがしっかり引き締まっている女性はセクシーですし人気があります。そうは言っても、お腹周りの贅肉はちょっと努力したぐらいではビクともしないのが悩みだと思います。私もそうなのですがお腹周りに集中して脂肪がつきやすくてお尻の方も結構大きい。その割にお肉がついてほしいバストは貧弱だったりするので、まさに典型的な洋ナシ型の下半身デブになっているのが悩みでした。下半身に集中して脂肪がついていると体重はそれほどでもないのにどうしても太っている女性に見られてしまうのが悔しいものですよね。ここでは私がお腹周り痩せに成功した方法を紹介します。

1日の始まりはグリーンスムージーで

お腹に脂肪がつきやすいのは女性の宿命だと思っています。ですから、いかにこれ以上お腹周りに脂肪を蓄えさせないようにするかに注意して生活するようにしました。それまでは朝食にパンやご飯をしっかり食べていたのですが、これが意外にお腹に脂肪蓄積の原因になっていたような気がしています。朝からは仕事に行ってアクティブに行動するのでしっかり食べても良いということが一般的に言われています。ですがお腹周りが太っている人というのは、朝も糖質には気をつけなければいけません。ある程度糖質制限を行うことは下半身肥満に悩む女性にはマストの対策だと言えます。ですから朝は緑の野菜、例えばほうれん草、小松菜、セロリなどをふんだんに使ったグリーンスムージーで始める習慣がとても効果的です。緑黄色野菜だけでは飲みにくいので適度にりんごやバナナなどの甘みのある果物を混ぜたり豆乳やアーモンドミルクなどを混ぜたりして栄養バランスを整えるようにすると、かなりお腹にも効いてくるのが実感できるはずです。

外出する時はすべて歩きで

お腹周りに脂肪がつく原因は、やはり運動不足も大きいです。日頃からバスや電車を利用して出勤していると結構歩いているようでも実際にはそれほど歩いていないことが多いものです。ですからなるべく駅までバスを使わない、駅ではエスカレーターを利用せずに階段を利用するといったことに注意しているとお腹周りの脂肪燃焼にはかなり効果があることがわかりました。歩くという一見シンプルな運動が実はお腹周りの筋肉を使うことになり、集中的にお腹周りから下の部分への脂肪蓄積を予防してくれますので、おすすめです。そして休日も忘れずにウォーキングすることが重要です。1日でもおやすみしてしまうとせっかく脂肪燃焼はじめたお腹周りが一時的にストップしてしまい、スピーディーにお腹の脂肪を落とすことができなくなってしまいます。

便秘にならない食事やサプリ

お腹周りのダイエットで忘れてはならないのが、この便秘対策です。お腹周りがぷよぷよになってしまうのは、なにも脂肪だけがお腹を取り巻いているのではありません。女性に多いと言われている便秘も下半身デブの大きな原因だということがわかっているのです。お腹周りを完璧にスッキリぺたんこにしたいのであれば、便秘をしっかり治すことが重要ポイントになるのです。日頃から便秘がちな人なら、まずは食物繊維の多い食事を中心にするというのが基本になりますが、実はしつこい便秘症ですとこれだけでは簡単に改善することは難しいのです。まず食物繊維の多い食材をたくさん摂取すること自体がかなり大変なことで、食物繊維はお腹の中で膨らむのであまり大量に食べることはできません。ですから慢性的な便秘解消のための必要量を摂取することは意外に大変だということがわかると思います。そこでおすすめなのが乳酸菌などの善玉菌サプリ摂取です。野菜中心の食事に加えて善玉菌を大量にお腹に送り届けてあげることで腸内環境を改善して便秘が速やかに解消されていきます。腸内環境を整えるということは、同時にお腹周りの脂肪撃退効果も高めることになるので腸内ケアも怠らないようにする必要があります。

縄跳びがお腹の脂肪に効く

全身ダイエットの場合とお腹周りに集中したダイエットの場合ではエクササイズの方法もちょっと変えた方がいいと思います。全身ダイエットならエアロビなどの全身運動が効果的ですが、お腹周りの脂肪を狙い撃ちするなら、縄跳びが最適です。縄跳びは脂肪燃焼効果の高い有酸素運動の一つです。これを毎日10分ぐらいするだけでも大きな効果があります。縄跳びをすることでお腹の余分な脂肪がブルンブルンと振動します。それによって脂肪が分解されやすくなり細かくなった脂肪組織がさらに燃えやすくなるのでだいたい1ヶ月ぐらいすると、目に見えてお腹周りの脂肪が落ちてくるのがわかるのです。縄跳びはお金もかからず手軽ですし、ちょっとしたスキマ時間にできるのでぜひ試して見てください。