お腹周りの脂肪が気になられたかた、燃焼系食べ物を取り入れましょう。

お腹にセルライトが見受けられる、と言うのは驚きであったことでしょう。

そんな、ショックをポジティブに解消してしまいましょう。

先ずは、脂肪を燃やしやすい体になるように心がけましょう。

年を重ねますと、脂肪が溜まりやすい体になりやすくなります。

それは新陳代謝の衰えによるものですから、食生活の分野から、改善を試みます。

①タンパク質中心の食事を心がける。

炭水化物がとっても好き、と言う方には辛い響きがあります、炭水化物ダイエットですが、タンパク質中心、という言葉を使ってみましょう。

パン、ご飯、は太りやすいと言われています。とても、パンが好き、という方ならば、ご飯の方を少し抑えてみましょう。そして、ご飯が好き、という方でいらっしゃいましたら、パンの方を少し抑えてみましょう。とても好きな物をお腹いっぱい食べたいわ、と言う場合には、朝食に召し上がられるのがおすすめです。

食事の中で一番太りにくい食事が朝食だと言われています。

タンパク質、鶏卵、鳥のムネニクを積極的に摂取するよう心がけましょう。

鳥のムネニクには、代謝を良くする働きがありますし、体を温める働きもありますので、ダイエットには最適です。

②鳥のムネニクの調理方法

鳥のムネニクはとてもおいしい食材です。

しかし、調理方法を間違えてしまうと、ぱさぱさで残念な食感になってしまうこともあります。

ここでは、とても簡単な調理方法をご紹介させて頂きます。

  • ムネニクの皮、脂の分部を丁寧に外していきます
  • 幅1センチ、長さ10センチほどに切り分けます
  • 鳥のムネニク1キログラムに対して小さじ強の塩をまぶします
  • ぐらぐら沸き立つ鍋の湯に、塩をまぶした鳥のムネニクを入れます
  • 湯がふつふつしている様子を確かめてから、蓋をして、鍋の火を消します
  • そのまま湯が冷めるまで待ちましょう
  • 湯が冷めましたら完成です

このようにして完成しました鳥のムネニクのボイル、中まで完全に火が通っていることを確認しましょう。また、火が通りつつ、茹ですぎない、という部分が、しっとりと仕上げるポイントになります。

生でありますと、カンピロバクターウイルスに感染する危険がありますので、生食の鶏肉はおすすめできません。カンピロバクターウイルスに感染しますと、ノロウイルスよりも、潜伏、感染の期間は長く、その症状も、発熱、五日間ほどの下痢が続きます。ノロウイルスよりも感染力は弱いのですが、カンピロバクターウイルスに感染してしまいますと、治るまで、ノロウイルスよりも時間が必要な場合が多くあります。鶏肉の調理をする場合には、カンピロバクターウイルスに気を付けて行いましょう。

出来上がりましたムネニクは、その日召し上がられる分以外は、冷凍保存します。

出来上がったムネニクを裂いて、野菜サラダの上にトッピングしても美味しいですし、お醤油を少し加えても美味しく召し上がることができます。

また、パスタや、シチューなどの上にトッピングされても美味しいです。

必要な時に解凍して、すぐに使えますから、ハムの代わりにいつでも使える食材としてストックしておかれますと役立ちます。添加物もありませんから、体に優しい食材です。

③ごはんが好きな方、ご飯の代わりにキャベツの千切りを用意してみましょう。

アツアツのロースかつと、白いご飯が大好き、という意見、よくわかります。

お好きなメインのお料理と白いご飯の美味しさは、想像の通り、素晴らしい組み合わせです。

しかし、その後はをちょっと、キャベツの千切りに替えてみましょう。

これは、夏にとりわけ役立つ組み合わせとなります。

ごはんを少し控えてキャベツの千切りに替えてみる、という試みは、直ぐに脂肪たいして効果が表あらわれます。

夏、薄着で、ダイエットの効果を確認したい、早くすっきりと痩せてみたい、という場合には、千切りのキャベツを用意して、ご飯の代わりに召し上がってみてください。

三食みんな、でなくとも良いのです。出来る食事から始めましょう。

少しの努力は、努力しないよりもとても良い物につながります。

④夏場におすすめ ぬか漬けダイエット

夏になりますと、ぬか漬けキッドが売り出されます。

夏野菜を家で簡単にぬか漬けしてしまえる優れもので、毎日糠床を混ぜなくても大丈夫、というキッドです。

冷蔵庫で保存しますから、糠床を混ぜる回数が、三日程置きになってしまっても、痛みが心配ありません。

お食事の時に、大根のぬか漬けなどを用意されて、咀嚼の回数を増やして、満腹中枢を刺激します。

糠は発酵食品として体に良いですので、代謝を高める効果も期待できます。

ヨーグルト、お味噌、お醤油、健康食品を意識して取り入れましょう。

まとめ

身近な健康食品を積極的に摂取しましょう。塩分に気を使いながら、体に良いものを選んで取り入れていく、という日々の暮らしが、健康志向を広げる結果につながります。

少しの努力もしない人よりも、少しの努力から始められる人を目指して日々の生活を楽しみましょう。