お腹痩せをしたい人は色々な方法を試すと思うのですが、ファスティングを試す人もいるかもしれません。

一応言っておきますと、断食とは違います。

断つというほどではありません。

もちろん普段どおりの食事ではないので辛いかもしれませんが、全く食べない飲まないというわけではないので、断食と思っている人からしたらそこまで辛くないかもしれません。

体の負担にならないものを飲食して体の中を綺麗にさせるというかんじなのですが、結局飲食するのだから辛さにとって少しは負担なのではと思う人もいるのでしょうか。

ですが、人は飲食しないと死んでしまいます。

直接飲食しない人だって栄養を摂るわけですから、本当に何もしないと死んでしまいます。

じゃあ断食はどうなのかと思われるのでしょうが、あれもやる人がルールを守ってやるから成り立つのであって、普通の人がやったら本当に大変ですし、日常生活の中で出来ることではありません。

だからこそ、断食ほど辛くないファスティングなのです。

ですが、そこまで辛くないと思っていると痛い目を見るかもしれません。

かなり辛いと思っている人からしたら思っているより楽かもしれませんが、最初から余裕だと思っていると結構辛いと思います。

自分の好きなものを自由に食べられないわけですから、意志の強さは必要です。

ですが、当時好きだった男性を会えるというモチベーションがあるわけですから、多少の辛さなら大丈夫なのかなと思います。

ただ、一週間以内というのは中々ハードルが高いですね。

一週間続けるというのもそうですし、そこで結果を出すというのもそうです。

もちろん、ちょっとは結果が出ると思います。

一週間ファスティングをして一切効果なしというのは考えにくいです。

ですが、見るからにお腹が痩せたという状態にするのは大変かもしれません。

ですので、最低条件としてあげられるのは、一週間諦めないということです。

モチベーションを保つために、毎日お腹周りのサイズを測ると良いかもしれません。

その場合は、いつもと同じ時間に測ると良いでしょう。

そうしないと正しいサイズが分かりません。

この日は夕食前に測ってこの日は起床後に測るなんてことをしていたら、正しいサイズも何もありません。

ちゃんと痩せているか知るためには、測る時間や状況を統一することが大事なのです。

ですが、もちろん他にも心配なことはあります。

それは、体調についてです。

いつもとがらっと違う食生活になるわけですから、もしかしたら調子が悪いとまではいかなくても違和感が出てくる可能性があります。

ですので、無理は禁物です。

自信がないという人は、ファスティングを行うというよりも、ファスティングを取り入れた食生活にしてみるのはいかがでしょうか。

その人の普段の食生活にもよるのですが、三食ガッツリ食べる人なら、夜にファスティングというのもありだと思います。

夜というのは本来、一番がっつり食べなくても良い食事です。

朝と昼はしっかり食べ、夜は控えめになんてのも良いかもしれません。

ただ、夜食べない分を朝昼に食べたら結局意味が無いので、分量は今までののをキープした方が良いでしょう。

一週間ということなので多少の無理はきくと思うのですが、無理のしすぎは体調不良に繋がります。

そうすると、せっかくの同窓会も台無しになってしまいますし、最悪の場合行けないということもありえます。

ですので、一週間と言えど無理はしないことが大前提です。

無理をしがちな期間だからこそ、そこはしっかりと自分を保たなければなりません。

我慢することも大事ですが、無理をしないという勇気も大事です。

とにかく、これは日常生活にも言えることですが、食べ過ぎないというのはもちろん大事です。

これはダイエットとか同窓会とか関係ありません。

ファスティングに関しては、最初から頑張りすぎると辛くなってしまう人もいるかもしれません。

多少辛いだけならまだ良いのですが、それが体調にも出てしまうと大変なので、一週間なら頑張ってほしい気持ちもありますが、夜だけにするとかそういう工夫をしてみても良いのかもしれません。

あと、予め一週間のメニューを考えておくことをお勧めします。

そうすれば一週間メニューを考えなくて済むわけですし、食事のことを考えてお腹が減るということもないでしょう。

ちょっと考えるだけでお腹が空いてしまう人もいると思うので、なるべく考えないようにする努力もしたほうが良いかもしれません。

上手くいけば、お腹のあたりはすっきりして、サイズも一つ分くらい細いパンツやスカートを履くことが出来るかもしれません。

そうなれば、見た目もぐっと変わることでしょう。

ファスティングは痩せるだけではなく中もすっきりさせることが出来るので、自分で思っているよりも効果が分かりやすいかもしれません。

もし上手くいけば、同窓会以降も続けてみてください。

もっとすっきり出来るかもしれません。